マツイシ楽器

楽器販売・中古楽器買取り・音楽教室・英語教室なら愛知県半田市
マツイシ楽器店

HOME»  演奏法で決める!アコースティックギターの種類

演奏法で決める!アコースティックギターの種類

アコースティックギターは、メーカーや種類などが豊富にあり、目的に応じて選び方が異なります。マーチンモーリスヤマハKヤイリタカミネなどの人気のメーカーから選ぶ方もいれば、演奏法で選ぶ方もいらっしゃいます。こちらでは、演奏スタイルと合ったアコースティックギターの種類をご紹介します。

フォークギター

フォークギターは、アコースティックギターを総称したギターで、比較的ボディが小さめになっています。エレキギターと同様にスティール(金属)の弦を張っているため、弦を弾くとキラキラとした金属特有の音が鳴るのが特徴です。
フォークギターの演奏法には、フィンガーピッキングとピック弾きの2種類があります。フィンガーピッキングは指で弦を弾くので、一音一音がきれいに出る繊細な演奏法です。主にギターソロやメロディーを一人で演奏するスタイルでありながら、歌わずに音だけのインストとしても活用されます。
また、ピック弾きだと歯切れの良いストロークとなり、ジャカジャカと弾き鳴らすことができます。弾き語りとしても活用されるピック弾きは、フォークギター特有の音が響きます。

クラシックギター

クラシックギターはナイロン製の弦が張られているため、フォークギターとは違い暖かみのある丸い音が鳴るのが特徴です。
クラシックギターは基本的にフィンガーピッキングで演奏します。弾き終わった指がどの弦にもふれないアルアイレ奏法や、弾き終わった指で隣の弦にふれて止めるアポヤンド奏法があります。「ポロン」と暖かみのある音色は心地良く響きますし、クラシックやジャズ、ボサノヴァなどのジャンルで演奏するのにおすすめです。
フォークギターのようにピック弾きやチョーキングは不向きですが、優しい音色は暖かみのあるムードが漂います。クラシックギターを使って演奏することで、ムーディーなバラードのような演奏スタイルを作ることもできます。

エレクトリック・アコースティックギター

一般的にエレアコと略されて呼ばれているエレクトリック・アコースティックギターは、エレキギターと同様にピックアップが内蔵されています。
エレアコ単体でも演奏を楽しめますが、アンプに繋げばハードな曲を演奏することもできます。アコースティックギターとエレキギター両方の性質を兼ね備えているため、演奏の幅が広いのも、エレアコならではの特徴です。
また、エレアコはアコースティックギター本来の音をそのまま増幅させるため、より遠くに音を届けることができます。さらに、コーラスやディレイなどのエフェクターを使うことで、エレアコの音をより良くすることもできます。演奏の幅が広まるだけでなくライブでも盛り上がるので、エフェクターを使用してみてはいかがでしょうか。
それに、エレアコの先駆けとなったタカミネは、演奏性にこだわったモデルがいくつかあります。それがNEXボディを採用しているモデルです。深いカッタウェイによってハイフレットでの演奏がスムーズになります。

アコースティックギターの販売店をお探しであれば、当店をお選びください。当店では、国産メーカーでトップクラスを誇るヤマハなど様々なアコースティックギターを販売しております。アコースティックギターの他にもエレキギター・ウクレレ・アンプ・エフェクターなどもご用意しております。店頭の販売だけでなく通販もご利用いただけますので、手軽にお買い物を楽しんでいただけます。