マツイシ楽器

楽器販売・中古楽器買取り・音楽教室・英語教室なら愛知県半田市
マツイシ楽器店

HOME»  管楽器の種類について

管楽器の種類について

音楽にはジャズやクラシック、ポップスなど様々なジャンルがあり、これらの音楽を奏でる際にはたくさんの楽器群が使用されます。
中でも管楽器の存在は非常に大きいです。多彩なバリエーションを持つ管楽器は、金管楽器と木管楽器に大別することができます。
それぞれに違いがあるのですが、あまり違いが分からないという方も少なくありません。管楽器の種類とその違いについてご紹介しております。

金管楽器

金管楽器はいわゆるラッパのような楽器を指し、金管楽器の花形であるトランペットをはじめ、幅広い音域を出すトロンボーン、やわらかい音色が特徴のホルン、管楽器で最も大きいチューバなどが代表的です。はっきりとした音色が特徴的で、マウスピースと呼ばれるパーツを使用して音を奏でます。マウスピースは形やサイズなどによって吹き心地が変わってくるため、自分に合ったマウスピースを探すことが大切です。

木管楽器

一方の木管楽器は、笛を形容した楽器を指します。様々な奏法が楽しめるリード楽器のクラリネット、上品な音色を奏でるフルート、あらゆる音楽ジャンルで活躍するサックス、ダブルリード楽器の代表格であるオーボエなどが分類されます。優しい音色は木管楽器ならではの魅力で、奏者の技術によって様々な雰囲気を演出することができます。

金管楽器と木管楽器の違いとは?

木管楽器と聞いて、木から作られた楽器をイメージする方も多いです。そのため、フルートやサックスといった金属が使われている楽器が、木管楽器であることに違和感を覚える方もいらっしゃることでしょう。実は金管楽器と木管楽器の違いは材質ではなく、音の出し方にあります。

トランペットやトロンボーンなどの金管楽器は、リップリードによって音を奏でます。リップリードとは、演奏者自身の唇を震わせて音を出す方法です。一方、クラリネットやサックスなどの木管楽器は、マウスピースに取り付けたリードが振動体となって音を出します。フルートの場合はエアリードと呼ばれる空気の流れを利用した発音方法のため、木管楽器に分類されます。このことから、自らの唇を利用して発音させる楽器を金管楽器、リードなどを利用して発音させる楽器を木管楽器というのです。

管楽器はヤマハ、セルマー、クランポン、ミヤザワなど様々なメーカーから販売されています。それぞれの特徴や違いを押さえることで、自分にぴったりの管楽器を選ぶことができるでしょう。

当店では管楽器をはじめ、ギター・ベース、弦楽器、電子ピアノ・キーボードなど様々な楽器を販売しております。管楽器の魅力に触れたいとお考えの際は、お気軽に当店をご利用ください。